NEWS

2017.09.02 入浴着着用について

いつも望楼NOGUCHI函館をご利用いただき、誠にありがとうございます。

望楼NOGUCHI函館では、大浴場ご利用の際、乳がん等の手術痕をカバーするために、
入浴の際に着用する専用の肌着「入浴着(バスタイムカバー)」を着用して湯船に浸かることができます。

入浴着

入浴着とは、乳がん、腫瘍、皮膚移植などの手術により手術痕をお持ちの方が
周りの目を気にすることなく入浴を楽しめるよう、専用に開発・販売された入浴用の肌着です。
入浴着から浴槽水に溶け出す石鹸は微量である為、衛生上の問題はございません。
条例により浴槽内へタオル類を持ち込むことは禁止されておりますが、入浴着はこれに当たりません。
 ※参考条例:旅館業法第4条

<お願い>
入浴着のご用意はございませんので、大変恐れ入りますが、厚生労働省、国土交通省、総務省で
公共性を認められたものをお客様ご自身でご持参ください。

人目を気にせず、安心して温泉をお楽しみください。