ONSEN
お問い合わせ
0120-59-5660
0138-59-3556

潮風と漁火が似合う港町の名湯。
刻一刻と変わる景色を眺めながら湯温高めの温泉に浸かる。

北海道の三大温泉郷のひとつに数えられる「湯の川温泉」。
塩分濃度の強い高温の食塩泉にどっぷり浸かれば、身体の芯から緊張がほぐれていくのを感じます。
350年以上前からこの地で湧き続ける名湯に浸かり、歴史に思いを馳せるひととき。
北海道の三大温泉郷のひとつに数えられる「湯の川温泉」。
塩分濃度の強い高温の食塩泉にどっぷり浸かれば、身体の芯から緊張がほぐれていくのを感じます。
350年以上前からこの地で湧き続ける名湯に浸かり、歴史に思いを馳せるひととき。

PANORAMIC OPEN-AIR BATH

目の前を遮るものが何もない
天空の温泉から函館の街並みを眺める

潮風を感じながら、湯温高めの温泉に浸かる。心も身体も一気に解放される至福の瞬間です。昼間は函館山の稜線や函館空港に離発着する飛行機を眺め、夜は満天の星空と暗闇に浮かぶ津軽海峡の漁火を眺める。自然と人の営みが融合するその景色に、心が洗われます。

PANORAMIC BATH

湯の川温泉で最も高い位置から眺める
絶景と名湯に酔いしれる

湯の川温泉で最も高い位置にある当館最上階の大浴場。
どこにいても眼下に広がる大パノラマを臨めるように、
大きくしつらえられた窓に沿って縦長に湯船を配置しています。
夕刻や朝方に見られる刻一刻と移ろう景色は、
お湯の心地よさと相まって、ついつい長湯を誘います。
◎入浴時間/14:00~翌日11:00 (露天風呂は0:00〜5:00 CLOSE)

SAUNA

心地よい汗を流し、日々の疲れとストレスを発散する大人の嗜み

男女ともに大浴場にはドライサウナを完備。木の香りに癒されながら、汗が噴き出てくるのをじっと待つ。自分の内面と対峙するストイックな時間。十分に時間を置き、噴き出た汗を洗い流して水風呂に浸かれば、何ものにも代えがたい爽快感が得られます。

SKY SALON BOUKYOU

湯上りは星空に浮かぶようなサロンで
夜景を眺めクールダウン

最上階にしつらえられたサロンからの眺めは宵闇の迫る頃が最も美しく、幻想的な雰囲気が漂います。薄い群青色の空のもと、函館の夜景が星のように眼下に輝き、まるで星空に浮かんでいるかのような気分に。マッサージチェアに座り、さらなる癒しに心酔。

ROOMS OUTLOOK BATH

趣向を凝らした専用の展望風呂で自分だけの温泉を愉しむ贅沢

3つの部屋タイプのうち、「SUITE」と「WAMODERN」のお部屋には専用の温泉展望風呂を完備。
「SUITE」では、3~4人は優に入る広々とした展望風呂を、「WAMODERN」では、香り漂う檜造りの展望風呂をお愉しみいただけます。

RELAXATION

温泉で緊張がほぐれた後は、身体を最善な状態へと導くひとときを。完全個室のプライベートサロンでは、エステからリフレクソロジーまで多彩なメニューをご用意しています。

女性専用の岩盤風呂もご用意。ドライサウナのような息苦しさもなく、じっくりと汗をかいてリフレッシュできます。温泉で身体を温めた後にご利用いただくのがお薦めです。

湯の川温泉とは

箱館戦争時には、かの榎本武揚も浸かったと伝わる歴史ある名湯
1653年、難病にかかった松前藩主の息子の療養場所を探した際に発見されたと言われる歴史ある温泉「湯の川温泉」。
その後は湯治場として知られ、箱館戦争時には旧幕府軍の療養場となっており、榎本武揚もその湯に浸かったと伝わっています。
「湯の川」の語源は、アイヌ語の「ユ(湯)+ベツ(川)」からきているというのが定説で、昔から湯量豊富な高温の温泉であったと考えられます。
現在でも湧出量は日量7,000トン、平均湯温は65度前後を誇ります。塩分濃度高めの食塩泉で、お湯に浸かると身体の芯から温まり、湯冷めしにくいのが特徴です。北海道の三大名湯のひとつにも数えられ、観光客はもちろん、古くから地元の人に親しまれてきた温泉です。

泉質と効能

泉質の特徴

塩分濃度高めの食塩泉で、入浴すると皮膚に塩分が付着し、汗の蒸発を防ぐため、保温効果の高いお湯です。平均湯温も高く、湯冷めしにくいことから「熱の湯」とも言われています。神経痛・冷え性などに効果があります。


療養泉の一般適応症

療養泉の一般的適応症 /筋肉若しくは関節の慢性的な痛み又はこわばり(関節リウマチ、変形性関節症、腰痛症、神経痛、五十肩、打撲、捻挫などの慢性期)、運動麻痺における筋肉のこわばり、冷え性、末梢循環障害、胃腸機能の低下(胃がもたれる、腸にガスがたまるなど)、軽症高血圧、耐糖能異常(糖尿病)、軽い高コレステロール血症、軽い喘息又は肺気腫、痔の痛み、自律神経不安症、ストレスによ る諸症状(睡眠障害、うつ状態など)、病後回復期、疲労回復、健康増進。


泉質 ナトリウム・カルシウム-塩化物泉
知覚的試験 無色、透明、塩味、ほとんど無臭
泉質別適応症 きりきず、末梢循環障害、冷え性、うつ状態、皮膚乾燥症
湧出量 150L/min
ph 6.8
溶存物質(ガス性のものを除く) 8,474mg/kg
泉温 63.7℃
温泉分析書別表 PDFで詳しく見る