HOW TO SPEND
お問い合わせ
0120-59-5660
0138-59-3556

一人旅

旅先に書斎を持つ贅沢を味わう、大人の一人旅
がむしゃらに走り続ける毎日。忙しいが、仕事でも家庭でも日々充足感を感じている。
しかし、人生も中盤に差し掛かり、ふとじっくり先のことを考えてみたくなった。
家族と行く以外の旅行を計画したのはどれくらいぶりだろう。出発前から浮足立つ自分がいる。
「自分のためだけに使える時間」を求めて、家を出た。

一人旅

旅先に書斎を持つ贅沢を味わう、大人の一人旅
がむしゃらに走り続ける毎日。忙しいが、仕事でも家庭でも日々充足感を感じている。
しかし、人生も中盤に差し掛かり、ふとじっくり先のことを考えてみたくなった。
家族と行く以外の旅行を計画したのはどれくらいぶりだろう。出発前から浮足立つ自分がいる。
「自分のためだけに使える時間」を求めて、家を出た。

1日目

  • 13:45
    函館空港に到着
  • 「どうせなら少し遠くに行こう」
    そう考え、行き先は北海道・函館に決めた。
    函館空港からは、公式ホームページ予約特典の
    無料送迎で宿に向かう。
    10分もかからず目的地に到着。
    遠い土地だと思っていたけれど、
    函館空港への直行便を使えばあっという間。
    滞在の時間が多く確保できることが嬉しい。
  • 14:00
    旅の目的地「望楼NOGUCHI函館」 にチェックイン
    「どうせなら少し遠くに行こう」
    そう考え、行き先は北海道・函館に決めた。
    函館空港からは、公式ホームページ予約特典の無料送迎で宿に向かう。
    10分もかからず目的地に到着。
    遠い土地だと思っていたけれど、
    函館空港への直行便を使えばあっという間。
    滞在の時間が多く確保できることが嬉しい。
  • 日本庭園を望む
    「ウォーター・サイド・カフェYUGEN」でチェックイン。
    ウエルカムサービスの お茶とお団子を頬張る。
    どこか懐かしさを感じる このお団子は、
    地元の老舗和菓子店のものらしい。
    「お土産に買って帰ろう」1人になりたくてやって
    きたのに、気づけば早速家族のことを考えてしまった
    自分に思わず苦笑い。
  • 14:10
    日本庭園を望むカフェで
    チェックインを済ませ一息
    日本庭園を望む「ウォーター・サイド・カフェYUGEN」でチェックイン。ウエルカムサービスの お茶とお団子を頬張る。どこか懐かしさを感じる
    このお団子は、地元の老舗和菓子店のものらしい。
    「お土産に買って帰ろう」1人になりたくてやって
    きたのに、気づけば早速家族のことを考えてしまった
    自分に思わず苦笑い。
  • 部屋に入る前に、カフェから見えた
    「のぐち文庫」に立ち寄る。
    水盤に囲まれた秘密基地のような ライブラリーには、
    北海道を舞台にした歴史物やミステリー小説、
    写真集など 多種多彩なジャンルの本が並ぶ。
    せっかくなら普段は読まないような
    本を読んでみようと、 聞いたことがない
    作者のミステリー小説を 手に取った。
  • 15:00
    「のぐち文庫」で好みの本をピックアップ
    部屋に入る前に、カフェから見えた「のぐち文庫」に立ち寄る。
    水盤に囲まれた秘密基地のようなライブラリーには、
    北海道を舞台にした歴史物やミステリー小説、写真集など多種多彩なジャンルの本が並ぶ。 せっかくなら普段は読まないような本を読んでみようと、聞いたことがない作者のミステリー小説を 手に取った。
  • 今回この宿に宿泊する決め手となったのは、
    おひとりさま専用客室があったから。
    1人でもまわりに気兼ねせず過ごせるのが嬉しい。
    部屋のテーブルの上にコーヒーミルを見つけ、
    自分で豆からコーヒーを淹れてみる。
    こんなにのんびりとした時間は、
    普段では考えられないなと、
    部屋中に広がる香ばしい香りを感じながら思った。
  • 15:30
    「OHITORISAMA」客室でのんびり過ごす
    今回この宿に宿泊する決め手となったのは、
    おひとりさま専用客室があったから。
    1人でもまわりに気兼ねせず過ごせるのが嬉しい。
    部屋のテーブルの上にコーヒーミルを見つけ、
    自分で豆からコーヒーを淹れてみる。
    こんなにのんびりとした時間は、
    普段では考えられないなと、
    部屋中に広がる香ばしい香りを感じながら思った。
  • 本を読みふけり、気づけば2時間も経っていた。
    夕食前に一度温泉に入ろうと考えていたことを
    思い出し、大浴場へ。
    遮るものがない開放的な露天風呂に浸かりながら
    ふと空を見上げると、すぐ近くを飛行機が飛んでいく。
    飛行機はよく乗るが、下から見上げたことなんて
    久しくなかった。
    これもまた、普段はできない貴重な経験。
  • 17:30
    飛行機を眺めながら、大浴場の露天風呂に浸かる
    本を読みふけり、気づけば2時間も経っていた。
    夕食前に一度温泉に入ろうと考えていたことを
    思い出し、大浴場へ。
    遮るものがない開放的な露天風呂に浸かりながら
    ふと空を見上げると、すぐ近くを飛行機が飛んでいく。
    飛行機はよく乗るが、下から見上げたことなんて
    久しくなかった。
    これもまた、普段はできない貴重な経験。
  • お風呂あがりに食事処へ向かう。
    通されたのは目線の高さにしつらえられた竹林が印象的な個室。
    食事処のプライベートが保たれているのも、
    一人旅には嬉しいポイントだ。
    函館近郊の食材にこだわり、その食材に最も合う
    調理方法で提供される料理の数々に、目も舌も大満足。
    旬魚介の美味しさに、ついついお酒も進む。
  • 19:30
    函館の海の幸を贅沢に使った会席料理を愉しむ
    お風呂あがりに食事処へ向かう。 通されたのは目線の高さにしつらえられた竹林が印象的な個室。 食事処のプライベートが保たれているのも、 一人旅には嬉しいポイントだ。 函館近郊の食材にこだわり、その食材に最も合う 調理方法で提供される料理の数々に、目も舌も大満足。 旬魚介の美味しさに、ついついお酒も進む。
  • 食後は1階のパブリックスペースへ。
    チェックインの瞬間から気になっていた
    「サロンISARIBI」 の真っ赤なビリヤード台。
    宵闇の中ではさらに一層その存在感を増していた。
    ビリヤードに興じる夫婦の様子をしばらく眺める。
    ボールの弾ける音が耳に心地よい。
    昔はよく、時間を忘れ熱中したものだ。
    懐かしい思い出が蘇った。
  • 21:00
    色香漂う艶やかなラウンジで昔の自分に思いをはせる
    食後は1階のパブリックスペースへ。
    チェックインの瞬間から気になっていた「サロンISARIBI」
    の真っ赤なビリヤード台。
    宵闇の中ではさらに一層その存在感を増していた。
    ビリヤードに興じる夫婦の様子をしばらく眺める。
    ボールの弾ける音が耳に心地よい。
    昔はよく、時間を忘れ熱中したものだ。
    懐かしい思い出が蘇った。
  • カウンターに座り、ウイスキーを注文。
    グラスを傾けながら借りた本の続きを読みふける。
    お酒のせいだろうか、それともこの妖艶な空間のせいだろうか、
    本の世界に溶け込んでいくような感覚を味わう。
    本を読み終わり、今日一日を振り返る。
    大きな仕事を成し遂げたような充実感がそこにあった。
    ウィスキーを飲み干し、部屋へ戻る。
  • 22:00
    一枚板のカウンターのBARで就寝前の一杯
    カウンターに座り、ウイスキーを注文。
    グラスを傾けながら借りた本の続きを読みふける。
    お酒のせいだろうか、それともこの妖艶な空間のせいだろうか、
    本の世界に溶け込んでいくような感覚を味わう。
    本を読み終わり、今日一日を振り返る。
    大きな仕事を成し遂げたような充実感がそこにあった。
    ウィスキーを飲み干し、部屋へ戻る。

2日目

  • 目覚まし時計をかけずに眠りについた翌朝、
    窓から差し込む朝日を感じ、自然に目が覚めた。
    寝起きのぼんやりした頭のまま、大浴場へと向かう。
    朝の清々しい空気の中で浸かる温泉は、昨日とは
    また違った格別の気持ちよさ。
    少し熱めの湯にゆっくりと全身を預ける。
    頭も身体もすっきりと健康的に目覚めていくのを感じる。
  • 8:00
    寝起きの身体に染み入る朝風呂を堪能する贅沢
    目覚まし時計をかけずに眠りについた翌朝、
    窓から差し込む朝日を感じ、自然に目が覚めた。
    寝起きのぼんやりした頭のまま、大浴場へと向かう。
    朝の清々しい空気の中で浸かる温泉は、昨日とは
    また違った格別の気持ちよさ。
    少し熱めの湯にゆっくりと全身を預ける。
    頭も身体もすっきりと健康的に目覚めていくのを感じる。
  • いつもは和食派だが、青函の海の幸を使った
    地中海風メニューだと聞き、洋食を選択。
    朝からマグロやサーモン、つぶ貝など、
    新鮮な魚介類を味わえる贅沢。
    自家製ジャムを添えて食べる焼き立てパンも美味しい。
    洋食文化が栄える町・函館のこだわりを感じる内容だ。
  • 9:00
    時間をかけて朝食を味わい、エネルギーチャージ
    いつもは和食派だが、青函の海の幸を使った
    地中海風メニューだと聞き、洋食を選択。
    朝からマグロやサーモン、つぶ貝など、
    新鮮な魚介類を味わえる贅沢。
    自家製ジャムを添えて食べる焼き立てパンも美味しい。
    洋食文化が栄える町・函館のこだわりを感じる内容だ。
  • 簡単に荷物をまとめ、売店「ShopsN」へ。
    函館をはじめ北海道のお土産の中から厳選された品々
    が並ぶ。家で待つ家族には、ウエルカムサービスで
    食べた老舗和菓子店「銀月」のお団子を購入。
    前日のうちに注文しておけば、
    翌朝お店からできたて が届くらしいのだ。
    「今度は家族と来よう」そう思いながら帰路についた。
  • 11:00
    「Shops N」で家族や職場へのお土産を購入
    簡単に荷物をまとめ、売店「ShopsN」へ。
    函館をはじめ北海道のお土産の中から厳選された品々
    が並ぶ。家で待つ家族には、ウエルカムサービスで
    食べた老舗和菓子店「銀月」のお団子を購入。
    前日のうちに注文しておけば、翌日お店からできたて
    が届くらしいのだ。
    「今度は家族と来よう」そう思いながら帰路についた。
  • 13:30
    函館空港から帰路へ

HOW TO SPEND